Art Journey

アースデイ 地球をテーマに創作するアーティストたち

4/22は地球の日、アースデイ。

アースデイは、私たちひとりひとりが地球の環境問題について考えるために、1970年アメリカで始まりました。

アースデイ東京2021

地球のためにできることは何か、私たちにできる小さなことを実践していけたらいいですね。

地球をテーマに創作するアーティスト

地球、自然、動物をテーマに創作するアーティストを独自セレクトで紹介させていただきます。

Charlotte Dumas

シャルロット•ドゥマ オランダ生まれ

現代社会における動物と人の関係性をテーマに、人間と密接な関係を築いている動物たちを被写体としたポートレイト作品を発表してきた。

どこか哀愁を漂わた素朴で穏やかな動物たちの姿が、命の儚さを知らせてくれてるように感じます。

リンク : シャルロットドゥマ オフィシャルサイト

星野道夫(1952年~1996年)

千葉県市川市生まれ。写真家

星野さんが追いかけて、私たちに見せてくれた大自然の中の動物たちの姿、星野さんの優しい視線に、胸がいっぱいになります。

リンク: 星野道夫事務所公式サイト

二木あい

素潜りで、カメラを片手にパフォーマンス、モデル、撮影をする『水中表現家』二木あいさん

水中の美しさ、ありのままの姿を見せてくれて、たくさんの驚きと気づきを与えてくれます。

リンク: 二木あいオフィシャルサイトInstagram

Sofuku ∞ Lee

ミラギャラリーでアートに関するコラムを書いてくれている李素福さん。素福さんオリジナルの視点で、自然のありのままの美しさや、母なる地球のいのちの尊さを伝えてくれて、いつも気づきを与えてくれます。

Hug the earth!というプロジェクトでは、母なる地球をハグして、地球を考え、想い、愛する機会を与えてくれます。

リンク : Hug the Earth ! FacebookInstagram

宮下昌也

画家、絵本作家

千葉県の里山でサスティナブルな暮らしを実践する宮下さん。以前、動画インタビューコラムで紹介させて頂いたのですが、溢れんばかりの自然を愛する気持ちが宮下さんの絵に表れていて、その絵を見ると本当の自然に触れた時のように癒されます。

リンク : 宮下昌也 Instagram

動画インタビューシリーズ

最後に、YouTubeでは地球に対する大きな愛を表現するアーティストたちの動画インタビューを公開しています。こちらもぜひどうぞ。

YouTube ミラギャラリーチャンネル

【ライフイズアート#001​】宮下昌也さんのサスティナブルな暮らしShort ver

【ライフイズアート#002​】アリシア・ベイ=ローレルさんに聞いた地球のためにできること

【ライフイズアート#003​】浅葉和子さん。子どもたちにアートを教えて52年、先住民族、自然が教えてくれること

【ライフイズアート#004​】アーティスト李素福さんに聞いたこと

Text : Akiko Seguchi